無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第41話

学校〜40〜
昼休み
あなた

行ってきまーす!

美咲
美咲
あなた〜!
なんかあったらすぐ戻ってくるんだよ!
あなた

うん!すぐ逃げるから👍

美咲
美咲
よしっ!いってら!
あなた

はーい!

屋上
美麗
美麗
来た来た〜
あなた

今日は何ですか?

美麗
美麗
いや、何っていつも通りだけど?w
美麗
美麗
そこにいるんでしょ〜出てきなー
あなた

……?

紫耀の応援隊
はぁ〜い!
あなた

うげっ………

紫耀の応援隊
うげってなんだよw
美麗
美麗
あーもうやっていいよ
紫耀の応援隊
やっちゃいまぁ〜す!
あなた

え…………?
(あ、逃げないと!!!)

逃げようとする→
紫耀の応援隊
つ〜かま〜えたっ!
あなた

うっ………

美麗
美麗
逃げようとしても無駄だからww
あなた

(どうしよう………)

美麗
美麗
ってかこの前倉庫からどうやって出たの?
あなた

あの……たまたま管理人さんが通って……

美麗
美麗
ふーん、良かったわね
まあ、今日はもっとやってあげるから
あなた

もうやめてください……!

美麗
美麗
はぁ?やめるわけないじゃんww
ボコっ
あなた

いたっ…

美麗
美麗
ほら〜もっとやれ〜ww
紫耀の応援隊
はぁ〜い❤️
美麗
美麗
お前なんかいらねぇんだよw
あなた

うっ………

平野紫耀
平野紫耀
何やってんの?
美麗
美麗
あ、紫耀…………
これはね…………
平野紫耀
平野紫耀
ふざけんなよ!!!
美麗
美麗
………
紫耀の応援隊
わ、私達は美麗先輩に言われてやりました…!
平野紫耀
平野紫耀
はぁ?
言われたからやるって違うだろ!!!
紫耀の応援隊
す、すみません………
平野紫耀
平野紫耀
謝るならあなたに謝れよ!
平野紫耀
平野紫耀
俺の大切な人にこんなことすんなよ!!!
紫耀の応援隊
ご、ごめんなさい!
あなた

大丈夫です………

紫耀の応援隊去る
平野紫耀
平野紫耀
お前ってこんなやつだったんだ
美麗
美麗
うっ………
平野紫耀
平野紫耀
これ以上あなたになんかしたらどうなるか分かってるよね?
美麗
美麗
………ごめんね……
あなた

……はい

美麗去る
平野紫耀
平野紫耀
あなた……ごめんね………
守ってあげられなくて………
あなた

あの、助けてくれてありがとうございました!

平野紫耀
平野紫耀
うん…!
平野紫耀
平野紫耀
あっ!!!!!
あなた

えっ?

平野紫耀
平野紫耀
いきなり呼び捨てにしてごめん!
後、俺の大切な人とか言ってたよね/////
あなた

あ/////
でも、嬉しかったです!

平野紫耀
平野紫耀
そ、そっか/////
じゃあ、戻ろっか
あなた

はい!

平野紫耀
平野紫耀
立てる?
あなた

あっ………

平野紫耀
平野紫耀
あんだけやられたら立てないよね……
あなた

すみません……

平野紫耀
平野紫耀
仕方ないよ!抱っこするね!
あなた

えっ……/////
(これってお姫様抱っこ!?/////)

保健室に行く途中
女子1「きゃーーーー❤️」

女子2「お姫様抱っこされてんじゃん💗💗💗」

女子3「か…かっこいい……💖」

女子4「いいな〜私もしてもらいたいっ!😍」
あなた

(恥ずかしいよ………/////)

平野紫耀
平野紫耀
(俺、彼氏みたいかな……?
なんちゃってww/////)