無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第42話

学校〜41〜
保健室
平野紫耀
平野紫耀
失礼しま〜す!
保健室の先生
はーい!
あら、お姫様抱っこなんかしちゃって♡
あなた

こ、これは私が立てなくなってしまったので………

保健室の先生
そうなの?何があったの?
あなた

あの……

平野紫耀
平野紫耀
そこの階段から落ちたのを俺が見かけたんです
あなた

そ、そうです…
(本当のことを言わずにすんで良かった…!)

保健室の先生
どこをぶつけたの?見せてちょうだい
あなた

は、はい

保健室の先生
うわっ……階段落ちただけでこんなんになる!?
あなた

変な転び方したので……

保健室の先生
大変だったわねw
あなた

はいw

保健室の先生
動けないくらい痛い?
あなた

今はそうですね……

保健室の先生
じゃあ、親御さんに連絡して迎えに来てもらいましょう!
あなた

えっ!?あの…親、今家にいないと思います。

保健室の先生
やっぱり難しいわよね…どうしましょう
平野紫耀
平野紫耀
俺が送っていきますよ!
保健室の先生
えっ!いいの?
平野紫耀
平野紫耀
はい!
保健室の先生
助かるわ〜!
じゃあ、授業が終わるまで待ってましょう!
あなた

はい!ありがとうございます!

平野紫耀
平野紫耀
うん!
保健室の先生
そろそろ授業始まるから戻りなさ〜い
平野紫耀
平野紫耀
はーい!