無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

電車〜2〜
ドアが閉まります。ご注意下さい。
プシューーーー
あなた

(あっ!いた!
あの人また読書してる!)

パチッ
あなた

(目があった…/////)

あなた

(ガン見しすぎたかな…/////ww)

私はイケメンくんと目が合うと、
その日1日頑張れます💪💕(変態か!!!
あなた

(あー学校の最寄り着いちゃうじゃん)

あなた

(またダッシュしないと遅刻になる…!)