無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第44話

放課後〜43〜
平野紫耀
平野紫耀
家、どっち?
あなた

こっちです!

平野紫耀
平野紫耀
えっ!?俺と家近いかも!
あなた

本当ですか!?嬉しいです!

平野紫耀
平野紫耀
嬉しいって……/////
あなた

……?

平野紫耀
平野紫耀
早く家行こ!/////
あなた

は、はい!

_________________________________________________
あなた

家ここです!

平野紫耀
平野紫耀
じゃあ、玄関まで送るね!
あなた

本当にありがとうございます!

平野紫耀
平野紫耀
うん!
あなた

ただいま〜

髙橋海人
髙橋海人
お帰り〜ってあなた!?どうしたの!?
後、その人誰……?
あなた

あ、お兄ちゃんいたんだ……

髙橋海人
髙橋海人
ねぇ、誰!?
平野紫耀
平野紫耀
あなたの部活の先輩の平野紫耀と言います
あなた

あの、今日階段から落ちて動けなくなったところを助けてくれて……

髙橋海人
髙橋海人
そうなの!?ありがとうございます!
平野紫耀
平野紫耀
いえいえ!
髙橋海人
髙橋海人
あ、せっかくだから中入る?
あなた

え!?

平野紫耀
平野紫耀
え!?
髙橋海人
髙橋海人
どうぞどうぞ〜
平野紫耀
平野紫耀
お、お邪魔します
あなた

……どうぞ〜