無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第11話

♯8
       Mステ本番の日ー
想「先輩、挨拶いきましょう」
あすみ
・・・うん。
雄「もしかして、緊張してます?」
あすみ
・・・ちょっとね😅
和「俺らが居ますから」
工「そうですよ。安心してください。」
岩「ほら、笑って❗」
あすみ
・・・ニコ☺
『Da-iCEの皆さん、お願いします❗』
あすみ
・・・行こうか
こうして、私は、Da-iCEの皆と、AAAの楽屋へ向かった。
想「俺らが先に行きますね」
あすみ
お願い
雄「失礼します、Da-iCEです。よろしくお願いします。」
直也
よろしく・・・❗
あ、あすみちゃん❗
隆弘
・・・え?何で?
光啓
あすみちゃん、何でDa-iCEに居るの?
真司郎
どないなっとんねん
秀太
あすみ・・・
実彩子
・・・あすみちゃん、酷いよ😭
あら~、あすみさん~♥お久しぶり🎵
あすみ
・・・どうも
相変わらずこわーい。
あすみ
・・・
直也
あすみちゃん、ちょっといい?
あすみ
・・・何?
隆弘
何でDa-iCEに居るの?
あすみ
・・・
光啓
答えて?
真司郎
なあ
あすみ
・・・
秀太
あすみ。黙ってないで何とか言えよ
実彩子
・・・どうして何も言わないの?
あすみ
・・・んな。
実彩子
・・・え?
あすみ
ふざけんな❗
秀太
・・・❗
真司郎
・・・?
光啓
・・・?!
あすみ
さっきから黙って聞いてれば❗
誰のせいだと思ってんだよ❗
あすみ
『何でDa-iCEに居るの?』
あんたたちと離れるためだよ❗
そんなことも分からないなんて、本当しょうもない❗
光啓
俺たちは、別に
あすみ
まさか、『俺たちは関係ない』とでも言うわけ?
特にリーダー。あんたが自分で言ったんだよ❗
直也
・・・俺?何か言った?
あすみ
忘れたなんて言わせない❗
『AAAに要らない。出ていってくれる?』
あの一言で、私がどれだけ傷ついたか❗
みんなには分かんないよ❗
だから、社長に頼んで、Da-iCEに入れてもらったの❗
Da-iCEのみんなは、すごく優しくて、気を使ってくれて、みんなとは大違い
光啓
そんな・・・
あすみ
何?今さら後悔してんの?
バカじゃない?遅いんだよ❗
あ、社長には言ってあるけど、私、もうAAAに戻らないから。
光啓
・・・え?
直也
AAAに・・・
隆弘
戻らない?
実彩子
嘘だよね?
あすみ
嘘じゃない。
真司郎
そんな❗
秀太
何で・・・
約束通り、AAAは私が入るから。
あすみ
・・・勝手にしたら。あたしには関係ないから。じゃ
         ーバタン❗
和「・・・あすみ先輩❗」
工「・・・失礼しました」

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

千絵
千絵
AAAとSKY-HIが大好きです!よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る