無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第12話

♯9
あすみ
ハア・・・ハア・・・
       ・・・ガン❗
D「・・・先輩。」
あすみ
みんな・・・
D「・・・先輩、さっき楓とか言う新人が言ってた話って、どういう意味ですか?」
あすみ
・・・アイツが来てから、みんなとは口聞いてないんだ。
D「・・・え?」
あすみ
アイツが来るまでは、平和だったの。
なのに・・・❗

・・・今までは、宇野ちゃんや、リーダー達と一緒にメインで歌ってた。
でも、アイツが来てから、ポジションが変わった。
アイツさ、歌もダンスも下手なくせに『センターやっていい?』とかほざいてね。
初めはみんな反対してたんだよ。
一番最初にオッケー出したのリーダーだったの。
それで、私がダメっていったら、アイツ、嘘泣きして。
『あすみさんにいじめられた~😢』とか、
わざとみんなの前で倒れて、『あすみさんにケガさせられたの~😢』とか・・・
で、後はみんなに話した通り。
D「・・・」
あすみ
・・・だから、あたし決めたの。
『みんなから謝りに来るまでは絶対戻らない』って。
想「・・・戻らなくていいですよ。」
あすみ
・・・想太?
想「戻る必要無いですよ❗あんな人たち、俺らが憧れてた先輩じゃない。」
雄「確かに。先輩、ずっとここに居てください。」
あすみ
・・・雄大
パフォーマー組「俺たちも居ます❗」
あすみ
和田くん・・・
工藤くん・・・
岩岡くん・・・
直也
・・・良いわけ無いじゃん。
あすみ
・・・?!
D「・・・浦田先輩。」
あすみ
・・・何しに来たの。
直也
謝りに来た。
あすみ
私、戻らないって言ったよね?
直也
・・・俺らから謝れば戻ってくるんでしょ?
あすみ
・・・立ち聞きしてたの。最低。
直也
・・・ごめん。でも
あすみ
前言撤回。二度と戻らない。
直也
・・・え?
あすみ
だって、アイツが出ていかない限り、みんな口聞いてくれないでしょ。
それに、私が悪いってみーんな言ってたよ。
私がDa-iCEに居続ける限り、あんた達楽しいだろうしさ❗
直也
・・・そんなわけ無いじゃん。
俺たちは、あすみちゃんに戻ってきてほしいんだよ。
あすみ
どうだか❗
隆弘
・・・あすみちゃん❗
実彩子
あすみ❗
光啓
あっちゃん❗
真司郎
おーちゃん❗
秀太
及川❗
あすみ
・・・見事に呼び方バラバラだね。
で?何の用?
AAA「ごめんなさい❗」
あすみ
・・・は?
秀太
俺たちが間違ってた。
真司郎
あの後、楓を問い詰めたら、認めたよ。あすみに嫉妬して、AAAから出てってもらおうと思ったって。
光啓
楓は事務所から出ていった。
あすみ
だから?まさか、アイツが出てったから戻ってこいなんて言うつもりじゃないよね?
実彩子
・・・だめ?
隆弘
俺たちにはあすみちゃんが必要なんだよ。
直也
お願い❗戻ってきて❗
A「お願い❗あすみちゃん❗」
あすみ
・・・ずいぶん図々しい考えだよね。
社長「・・・及川さん。」
あすみ
し、社長❗
社「南楓はクビにしました。どうでしょう。もう一度、この子達にチャンスを与えては。」
あすみ
・・・で、ですが
社「気持ちが収まってないのも分かります。ですが、事件は解決したんです。そろそろ、戻ってはいかがですか?」
あすみ
・・・
D「・・・あすみ先輩。戻ってくれませんか?」
あすみ
みんな・・・
想「先輩の居場所はここじゃなくて、AAAです。」
雄「たまにでいいんで、遊びに来てください。」
あすみ
想太、雄大・・・
・・・分かった。戻るね。
今まで、本当にありがとう。楽しかった。
D「俺たちも楽しかったです❗それに、刺激も貰いましたし。」
あすみ
・・・みんな。本当に優しいね。
これからも頑張って。応援してるから
想「先輩もどうかお元気で。」
雄「皆さん、あすみ先輩を泣かせたら、奪いますからね。」
パフォーマー組「そうですよ。今度こそDa-iCEとして活動してもらいますから❗覚悟しててくださいね❗」
直也
そんなことさせねーから❗
隆弘
ぜってー渡さねー。
あすみ
・・・どうだかね。
実彩子
ちょっとあすみ❗
真司郎
本気なん?
光啓
絶対阻止してみせる❗
秀太
あすみ?まじで言ってるわけ無いよね?
あすみ
さあー?それはどうかな~
(Da-iCEのみんな、またね😉)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

千絵
千絵
AAAとSKY-HIが大好きです!よろしくお願いします!
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る