無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

規則。
僕は狐から猫になった所で神の所からおいとまする。


最後に神は

〖頑張ってね。〗

そう言ってくれた。僕は何度その言葉に救われたか…



嗚呼……疑問に思っていることを当ててみようか?


……神の使いは何をするのか。

何故、人間には変われないのか。

僕の名前は誰なのか。


神のところから帰る間だけお話するか……
――――僕ら,神の仕事とは。――――――


虐め,暴言,虐待……人の心身を傷つける暴力から
救い出すことである。


そして何故人々は暴力を受けるのか,反抗しないのか。
僕は昔,それが不思議だった。


他の神の使いや神は"反抗する力"を持っていないから。
そう言っていた。

その暴力を振るう相手に勝てる力がない。
立ち向かう勇気がない。


理由は山のようにあり、山の数だけ解決策を探す。
時間をかけ探すが暴力は無くならない。

ストレスと自己劣等が酷くなり,暴力は自殺までに
追い詰める。

それらから解放してあげるのも,また僕らの仕事。

解決策を探し出し,人々を救い解放する。
それが僕達の仕事。
――――何故人間に変われないのか。――――――

これは簡単に言ってしまえばルールを破ったから。



~~~ルールとは~~~~~~

・正体をバレてはいけない。

・暴言,暴力はしてはいけない。

・犯罪行為をしてはいけない。

・救うと決めた相手を放棄しない。

・救うと決めた相手が亡くなったとしても
自暴自棄になったりしない。(?)


これらのことを破った場合破った時の姿は二年間
使用できなくなるとする。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



……これを僕は破ったから人間に変われない。
あと一年。まぁ理由は……ね?
――――僕の秘密――――――

………一話にひとつずつにしよう。

❖僕の今の名前は"昔"と"今"の気持ちなんだよ。

昔の気持ち。今の気持ち……

……あれ?どうしテ…まぁ、いっか。
――――僕の名前――――――

あ……忘れてた。僕の名前は_______だよ。

え?______だよ。______だってっ。

なんでだろ……まだ言っちゃ駄目なのかな。

……じゃあまた今度にしよっか。

୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧
☾𓃹:初めましての方は初めまして~。

作者の月兎です。今回…まぁいつも読みにくいので

ご理解頂きたいです。それではまた次の動画で((違う