無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

堕ちる。
大体のことは話したしあの女の子の様子を見に行く。

✘✘✘✘学校…天空から人間界に行くの嫌なんだよなぁ

まぁそんなことも言っていられない。

ん”ん”っと声を整えてから,いつもより低い声で。

〘墜ちろ。〙

そう言うと地面は雲と成り僕はその雲に乗って
天空から人間界へとおちる。







人間界の地面から3mほど離れたところから雲に
振り落とされた。

〘んにゃぁっ?!〙
…タンッ。


前足からふわりと着地する。

……人間の言葉を話せないのはストレスでしかない。
それとなんだあの雲。上から落とすとか。

あくたかよ。

※芥はごみ、ちりという意味。※

※神の使い君だよ!?
 人間界に来ると口悪い。※
……気を取り直して✘✘✘✘学校へ向かう。


少し歩いていた時に「わぁ~猫ちゃんだ~」と言われたので
人通りの少ない小道を通る。


たが、何故か分からないが
家の近くの道を通ると人間は顔をしかめ、


水をかけられ、追いかけ回された。

一番最初には何故かずぅっとおばさんに追いかけられ、
次にはおじいさんに水をかけられた。



人間界には猫に優しい人も居ると言うが、
優しくない人もいる。

まあ、僕は優しくない人の方が多い気がするけど…
なんだかんだあって✘✘✘✘学校に着いた。



近くの塀に登り トトトトト と歩く。

「あ、猫。」

〘…みゃぉう。〙

ちょっとしたサービスで返事をする。


「うわ、猫じゃん。」

違う人が僕を見て言う。
……これだから人間は…


ふいっと人間から目を背けてまた塀を歩く。


すると……

『あ…猫さんだ。』

……猫、"さん"?さん付け…?
それにこの声って……

きっと僕が○○○人にした、○○にする人だ。