無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第1話

ぷろろーぐ。










「ほぉら,優等生ちゃんはまだまだ立てるよねぇ?」


『っ…………』


「ほら立てたぁ。じゃあまだまだいけるよねぇ?」









愚かな,みにくい人間共は人を雑用として扱う。

それがあたかも当然のように。





三つ編みのあの子だって助けを求めればいいのに。

毎日のように荷物や掃除用具を片付けさせられて。おまけに殴られる。

…でも、言えないか。自分一人で抱え込む。

それも弱い人間の一つの特徴だから。


人間は人間を虐める。


それは僕達,神の使いの者たちが許すことではなかった。










僕達は人の言葉も喋れず,心も通じ合うのか分からない。

それでも僕達はまた、こうして……





__________のだ。