無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第2話

きつねからねこに。
人間を助ける。それは案外簡単そうで難しい。



それにまずは神の所へ行って情報を聞かないと…

取り敢えず神と話すか。



嗚呼,今度神の使いについて話させてもらうよ。

取り敢えず今は神の所へ向かう。

――
―――――
〘神。参りました。〙


〖嗚呼…どうしたんだい?〗


神は凄い。名前を言わなくても僕が誰か分かる。
たくさんの神の使いの声を耳で覚えているんだ。


〘人間界で気になる人が居ましたので。〙



〖そうか。特徴を教えておくれ。〗




〘はい。髪型は三つ編み。性別は女性。歳は___歳。
 学校名は✘✘✘✘です。優等生と言われていました。〙



〖えぇと……その子は…〗


人間界のことが分かる資料と機械を使い,
その子の特徴から名前を検索しているらしい。

たたんっと音が聞こえると,

〖あった。その子の名前は…〗



〖"神谷かみや鈴香すずか"。〗
〘!!……ありがとうございます。〙


〖家族は妹と弟が一人ずつ。親は…母だけか。〗


〘離婚ですか……?〙


〖いや。父は事故で亡くなっているそうだよ。〗


〘……分かりました。〙


〖姿はどうするんだい?やはり人間は無理だけど…〗


〘……"猫"で。〙


〖分かったよ。〗




〖……この世界の平和を,黒が少しでも白に近づくよう,
 たくさんの綺麗な花が開花するよう,我等神々は祈る。〗


〖   狐よ。猫となれ。  〗


そう神が唱えると僕は狐から猫となった。