無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第4話

2
先生
先生
はい、ペアになって。



今から合同練習。ワルツの練習だそうで。
ペアは誰がいいかな〜


王子の周りは全員女子で大変そう…

ドンマイ👍
朱雀奏
朱雀奏
僕とペアになってください。果音。
成瀬果音
成瀬果音
はい♥



いやー、あのカップルは今日もお熱いこと。
久遠誠一郎
久遠誠一郎
おい、奏。その女と組むな。
鏑木元
鏑木元
そうですよ。庶民ですから。明楽様のほうがいいです。
成瀬果音
成瀬果音
奏は私の彼氏です。何故明楽さんなんですか!
やだ、果音さん怖っ
綾小路葵
綾小路葵
さっきからうるさいなー。明楽、僕と踊ってください。
〇〇
〇〇
はい、いいですよ
久遠誠一郎
久遠誠一郎
チッ
天堂光輝
天堂光輝
俺も果音さんと踊りたかった……
小田島陸
小田島陸
光輝、ドンマイ
日浦海司
日浦海司
庶民より明楽さんのほうがいいってばあちゃんが言ってたぞ




光輝とは幼馴染だから踊りたくないよ


恥ずかしいから…





私の生活はあれそうです……