無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

1




前、隣には奏がいた…



けれど今は成瀬果音さんが隣にいる
水琴 儷
水琴 儷
おはようあなた。
また、奏のこと考えてるの?
元気だして!
〇〇
〇〇
あぁ、おはよう儷。
奏を忘れることなんてね、まだまだ先かも
綾小路葵
綾小路葵
お前、婚約者いるだろ
水琴 儷
水琴 儷
うおっ、びっくりした!
あなたは、婚約者にあった事ないよ
生徒たち
生徒たち
キャアーーー!!!
明楽さんと水琴さんと綾小路さんよ!
〇〇
〇〇
すごい歓声ね。でも、もっとすごいのは向こうの方かも
生徒たち
生徒たち
わーーーー!!!
朱雀さんと成瀬さんよ!
水琴 儷
水琴 儷
あの人達のどこがいいんだか……
綾小路葵
綾小路葵
行くぞ
〇〇
〇〇
はーい
朱雀奏
朱雀奏
アッ………
成瀬果音
成瀬果音
奏さん、行きましょ



そう、あの二人が付き合ったから私達は自然崩壊した。私が無視してる。


まぁ、しょうがないよ。


授業前

今日はエコノミークラスと合同授業だ。

移動教室ってホントめんどくさいよね!
久遠誠一郎
久遠誠一郎
おい、明楽
〇〇
〇〇
なんですか?
鏑木元
鏑木元
奏さんの事、本当にすみませんでした。
私達でなんとかがんばりますので…
〇〇
〇〇
気にしないでください。
私は奏の事、もう好きではないので


朝からめんどくさいことに巻き込まれそうになったよ
久遠誠一郎
久遠誠一郎
朱雀家と明楽家が結婚すれば利益は上がるのに
鏑木元
鏑木元
なんとかしなければ…




そんな事を話していたのは気が付かなかった