無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

Tj sz×ne
『あとちょっと』
吉澤side

インターホンが鳴って如恵留が帰ってきたと思ってドアを開けたらいかにもトイレ我慢してますって感じの如恵留がいた。
川島如恵留
ぁっ、しーくんっ、/おしっこ、、出ちゃぅっ/
吉澤閑也
おぉ、1回お家はいろ?
川島如恵留
むり、っ/もう歩けない、/
吉澤閑也
んー、ちょっとだけがまんしてね?(如恵留を抱き抱える
川島如恵留
ん、ぁっ//チョロッ
川島如恵留
しーくんっ、ちょっと出たぁ/泣
吉澤閑也
よっと、如恵留、もう我慢無理でしょ?
川島如恵留
コクッ泣
吉澤閑也
いいよ、ここでしちゃって
川島如恵留
いやぁ、/お家汚れちゃう/
吉澤閑也
掃除すればいいから、ね?
川島如恵留
で、もっ/
吉澤閑也
ほら、我慢しすぎると体に良くないからさ、(押さえている手を退けて
川島如恵留
しーくっ、//ごめなしゃぃっ/泣チョロッ シャァァァァ
吉澤閑也
謝んなくていいから、ね?全部出していいよ
川島如恵留
もう、出ないもん、、/モジモジ
吉澤閑也
じゃあ、ちょっとだけ確認(下腹を押す
川島如恵留
ぁっ!//シャァァァァァ チョロチョロッ
吉澤閑也
もう全部出た?
川島如恵留
コクッ出たぁ/泣
吉澤閑也
お風呂行っておいで?ここは俺がやっとくから
川島如恵留
ありがと、、/
ーーー片付け後
川島如恵留
しーくんごめんなさい、、
吉澤閑也
良いよ、お漏らししてる如恵留もかわいかったし、俺はどんな如恵留でも好きだから
川島如恵留
っ、、/
川島如恵留
ありがと/