無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第6話

Tj sz×ne
『あとちょっと』












如恵留side

どうも、Travis Japanの川島如恵留です。僕、今ピンチなんです、、今マネさん運転の車に乗ってるんですけど、、、トイレに行きたいんです、、、(焦)しかも結構我慢してて、、多分1時間くらい我慢してるんです、、早く家に帰りたい、、、のにあと30分もかかるという、、
川島如恵留
あのー、あと何分で着きますか?
マネージャー
マネージャー
んー、あと20分くらいですかね、、
川島如恵留
ありがとうございます
なんと、20分だそうです。"お漏らし"最悪の結末が頭をよぎって急激に尿意が強くなった気がする。
川島如恵留
ん、ふっ/
自然と声が漏れて焦る。そして、やっと、、
ーーー家の前
川島如恵留
ありがとうございました~
マネージャーさんへの挨拶も早々に切り上げて必死でインターホンを押す。
ピーンポーン
吉澤閑也
如恵留ー、おかえり~って、どしたの?
川島如恵留
ぁっ、しーくんっ、/おしっこ、、出ちゃぅっ/


























続きます