無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第28話

💍
ä¿®side
そういうとボクを丁寧におろして彼らは行ってしまった
三雲修
三雲修
あっ…
嵐山准
嵐山准
三雲くん、ここに来れるか?

そう嵐山さんに手を引かれて椅子に座った。
出水
出水
大丈夫か?メガネくん
米屋陽介
米屋陽介
派手にやってんな…
古寺
古寺
えっ〜と…とりあえず…
三輪秀次
三輪秀次
トリオンが漏れてるから抑えないとな
太刀川慶
太刀川慶
これでいいか?

そう言って先輩達は手際良くボクのトリオン漏れを抑えてくれた。
三雲修
三雲修
すみません…
米屋陽介
米屋陽介
良いって
出水
出水
換装隊解ける?
三雲修
三雲修
あっはっはい

そうボクが解こうとしたが無理だった。
三雲修
三雲修
え…換装隊が解けない…
米屋陽介
米屋陽介
マジか…
出水
出水
もうやばくね!?
菊地原士郎
菊地原士郎
早く解かないとまずいよ

そうボクたちが慌ててるとまたあの人の声がした.
🧚‍♀️
🧚‍♀️
そうそう!言い忘れちゃってたけど…換装隊は解けないよ〜〜☆
三雲修
三雲修
え
三輪隊
三輪隊
え
太刀川隊
太刀川隊
え
風間隊
風間隊
え
嵐山隊
嵐山隊
え
ボクだけでなく先輩達も固まった。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
あははは〜〜、面白い〜〜☆
解けるわけないでしょ〜〜、俺が解けないように細工したんだから〜〜
三雲修
三雲修
え…なっなんでっ…
🧚‍♀️
🧚‍♀️
なんでかって?秘密〜〜☆
迅悠一
迅悠一
理由が知りたいなあ…俺たちは
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ん〜〜、俺をこのアステロイドから出してくれたら…教えてあげる☆

そうその人は笑顔で言ってきた。