無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

💍
千佳side

そう謎の言葉を残して彼らは行ってしまった。
三雲修
三雲修
…動けない
雨取千佳
雨取千佳
大丈夫!?修くん!!
空雅遊真
空雅遊真
オサム!!…立てるか?
嵐山准
嵐山准
立てなさそうだな…
時枝充
時枝充
あまり無理に動かさない方がいいと思います…三雲くん、力うまく入れられない?
三雲修
三雲修
すっすみません…上手く力が…その…
歌川遼
歌川遼
大丈夫か?
菊地原士郎
菊地原士郎
上手く力入んないの?
三雲修
三雲修
はっはい…
風間蒼也
風間蒼也
換装隊だがトリオンが溢れ出てるな…
佐鳥健二
佐鳥健二
ちょっとこれマズくないっすか!?
迅悠一
迅悠一
どうしようかな…ここラウンジだから離れたいんだけど…
雨取千佳
雨取千佳
わわわわっ…トリオン溢れ出ちゃってる!
空雅遊真
空雅遊真
急がないともっと立ち上がれなくなるぞ

そう私たちは頑張って修くんが立ち上がれるよう工夫したが無理だった。
三雲修
三雲修
っ…無理だ…すみませんっ…
嵐山准
嵐山准
大丈夫だ、今日は任務も何もないからゆっくり立ちあがろう
時枝充
時枝充
はいはい、C級のみんなは訓練行って
三雲修
三雲修
時枝先輩っ…すみません…
佐鳥健二
佐鳥健二
とにかく立ち上がれないことにはどうにも…

そう私たちが苦戦してると明るい声がした。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ありゃ、本当に立ち上がれなくなっちゃったの?妖精さん
…あの人だった。
三雲修
三雲修
あっあなたは!!
嵐山隊
嵐山隊
なんのようでここに?
風間隊
風間隊
なぜここに?
雨取千佳
雨取千佳
なんでここに!
空雅遊真
空雅遊真
オサムになんかようか

そう私たちは修くんを守るように前に出て武器を構えた。
迅悠一
迅悠一
これ以上可愛い後輩を虐めるようだったら…実力派エリートでも手加減はしないよ?

そう迅さんも修くんを守る形で前に出た。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
警戒しないで☆
まさか本当に動けなくなるなんてね〜〜☆
ごめんね〜〜☆
最近、おれの能力おかしくなっちゃってさ☆
ヤハ☆

そうその人はホワホワした様子で私たちに謝ってきた。
🐸
🐸
はあ…ジュニヒョン

するとそう言ってもう1人現れた。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ハオ〜〜☆
🐸
🐸
何してるんですか、こんなところで
🧚‍♀️
🧚‍♀️
いやあまさか本当に動けなくなるなんて思ってなくてさ〜〜☆
トリオンも溢れ出ちゃってるし〜〜?
本当にごめんね〜〜☆
🐸
🐸
…はあ、
🧚‍♀️
🧚‍♀️
だから!お詫びとして助けてあげようかなと思って☆
🐸
🐸
どうでも良いじゃないですか、僕たちには無関係でしょう

そう2人は言うと私たちに近づいてきた。
🧚‍♀️
🧚‍♀️
そう身構えないでよ〜〜☆
俺は普通に玄界(ミデン)好きだよ〜〜☆
ねえ、妖精さん☆
🐸
🐸
やめてください、ジュニヒョン

そう2人が言うので私たちは信じて武器を降ろし、道を開けた。
三雲修
三雲修
あっあの…
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ごめんね〜〜!三雲修くん〜〜
🐸
🐸
めんどくさいから持ち上げるよ

そうオシャレで細い方の彼は言うと修くんを軽々抱き上げた。
三雲修
三雲修
うわっ!
🧚‍♀️
🧚‍♀️
ごめんね〜〜、悪く思わないでね〜〜☆
🐸
🐸
この子の所属してるとこどこ?
雨取千佳
雨取千佳
あっえっと…
🐸
🐸
早く言って、どこ?
空雅遊真
空雅遊真
…玉狛事務所
雨取千佳
雨取千佳
遊真くん…
空雅遊真
空雅遊真
大丈夫だ、チカ
🐸
🐸
玉狛…ああ、あそこか
🧚‍♀️
🧚‍♀️
玉狛〜〜?なにそれ〜〜、美味しいの〜〜?
🐸
🐸
食べ物じゃありませんよ、ジュニヒョン
🧚‍♀️
🧚‍♀️
え〜〜違うの〜〜?
🐸
🐸
はあ…
…なんか良い人…?
🐸
🐸
…でも、玉狛行っても良いけど…トリオンの消費は止まらないよ?
エンジニアとかないわけ?僕の肩が壊れるんだけど
嵐山准
嵐山准
あるが…
🐸
🐸
じゃあそこ…案内して
佐鳥健二
佐鳥健二
あっ!えっと…はっ、はい!


ということで、お言葉に甘えてエンジニアまで修くんを連れて行ってもらうことにした。