無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

💍
三雲修
三雲修
えっ!あっ、ちょっと…!!!!!
時枝充
時枝充
待って



普通に通り過ぎようとしたがそうそう上手くいかず、1人の隊員に手を掴まれた。



👶
👶
…
🍊
🍊
ちょっと…
🐴
🐴
なんですか
🦖
🦖
ヒョン…!!
🐹
🐹
離してもらえる?
👶
👶
…いいから、下がってて
🍊&🐴&🐹
🍊&🐴&🐹
…はい
🦖
🦖
…申し訳ありません…
👶
👶
…何か
時枝充
時枝充
話…聞かせてもらえるかな。
このまま帰すわけにもいかないから…
👶
👶
…
🍊&🐴&🐹
🍊&🐴&🐹
…どうされますか?
🦖
🦖
無視して帰ってもよろしいかと…
👶
👶
…いいよ、話せる範囲なら…
🍊&🐴&🐹
🍊&🐴&🐹
しかし!!
🦖
🦖
よろしいのですか!?こんな者たちの話など…!!
👶
👶
…構わない。
🦖
🦖
…っ
🍊&🐴&🐹
🍊&🐴&🐹
…分かりました、あなた様の仰せのままに
👶
👶
…良い?ディノ
🦖
🦖
…はい、申し訳ありません…取り乱してしまいました.
👶
👶
…ごめんね、ありがとう
🦖
🦖
いえ…
👶
👶
…いいよ
時枝充
時枝充
分かった、じゃあおいで
👶
👶
…ん
🍊&🐴&🐹
🍊&🐴&🐹
俺/ぼくも一緒に…
🦖
🦖
俺も行きます
👶
👶
…ありがとう




とのことで、ボーダー基地へ行くことになった。