無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第113話

113話
○○side
私とテヒョナは検査室に向かっていた
○○
ねえテヒョナ。ジンオッパの傷って…
テヒョン
うん。転んだんじゃないと思うよ
○○
じゃあユンギオッパかホソクオッパだよね。
テヒョン
はやく治して俺たちが会いに行こうね
○○
うん!
やだな。また8人みんなで笑いたいよ…
看護師
今からMR、CT、血液検査の順番でやりますね!
○○
わかりました!
テヒョン
はい!
検査は少し怖いけどテヒョナも同じ気持ちだと思うから頑張ろ
○○
テヒョナ。また後でね
テヒョン
うん。またね!
私とテヒョナはそれぞれの検査室に入っていった