無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第43話

43話
BTSの家の前
ユンギ
○○。大丈夫か?
ホソク
無理しなくても俺達が荷物もってきてあげるよ?
○○
んーん。大丈夫。
けどずっとそばにいてほしい。
ユンギ
あたりまえだろ心配すんな
ホソク
俺達が味方だから大丈夫。
○○
ありがとう。
私は覚悟を決めて家に入った
ジミン
あ、ヒョン達帰ってきたー!
グク
うわ。いらないものいるじゃん
ナムジュン
ストレス発散道具になりにきたんじゃない?笑
○○
……
ユンギ
○○部屋行こ
○○
うん。
ジン
無視かよ笑
そして出て行く準備も完了して出て行こうとした時
テヒョン
あれー?またどっか行くのー?
ジミン
死に行くんじゃない?笑
グク
空気がきたなーい
ジン
笑笑笑
ナムジュン
ユンギヒョン、ホソクどこ行くの?
ユンギ
うるせえんだけど?
テヒョン
え?
ホソク
お前ら黙ったら?
ジン
ヒョンに向かってなんだよそれ!
ホソク
は?ヒョン?笑わせんなよ。
兄貴ずらすんなよ
ジン
え。
ホソク
○○。行こ
こんなやつらといたくない
○○
うん。
そして○○とホソクが家を出た
ユンギ
お前らちゃんとよく考えろよな。
後悔しても知らねぇぞ
じゃあな
ジミン
どこ行くんですか!
ユンギ
こんな所にいたくねえからでてくんだよ















________________



私はほんとに生きてていいのかな。
ジンオッパ達に言われた言葉達が頭に残って離れなかった