無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第93話

93話
ジンside


俺はホソクにご飯をわたすために部屋に来た
ジン
ホソク?入るよ?
俺はびっくりした


そこには部屋中の物を床に叩きつけて発狂しているホソク
ジン
おい!ホソク!大丈夫か?やめろ!
ホソク
うるさい!!!近寄るな!
1人にしろよ!
ジン
あ、おい!
俺は廊下に突き飛ばされドアを閉められた


しばらくそこにいた


ホソクは落ち着かずずっと物を壊してた
ジン
…。
するとユンギの部屋のドアが開いて
ユンギがでてきた
ジン
あ、ユンギ
ユンギは無視して独り言を言いながら俺の目の前を通り過ぎた
ジン
あ、おい。お前ご飯食べろよ
痩せすぎ
ユンギ
うるさい。ほっとけよ
ジン
あ、おい
ユンギはどこかに行ってしまった

俺はどうしたらいいんだろう