無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第64話

64話
ユンギ
○○。
ホソク
これが最後とかやだよ○○泣
ジンは○○の手を握った
ジン
○○。はやく目覚ましてよ
スンチョル
○○裏切られてもやっぱり好きだったんだな
シュア
そりゃあ家族だもん。簡単に嫌いになれないよ
ユンギ
スンチョル達ごめんな、学校なのにいてもらって。
学校行ってきてもいいぞ
ジョンハン
休む!!
スンチョル
駄目だろ、俺達単位やばいんだからみんな行かないと
ハンソル
あ、そうだった…
ホソク
気をつけて行ってきてね!
ジュン
帰りまたくるねー!!
スングァン
○○。ヒョン達行ってきます!
ジン
行ってらっしゃい!
セブチが学校に行った
ユンギ
あいつらいなくなるとすごく部屋が広く感じるな笑
ホソク
人数多いですもんね笑笑
ジン
あ、ねえテヒョナとナムジュンが今から病院来ていいかって聞いてる
ユンギ
俺はいいけど
ホソク
俺やだ。○○のこと傷つけたくせに
ジン
でも話したいことあるらしいから来てもらおうか。
ユンギ
だな