無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

27話
ガチャ
○○
オッパー!!って、なんでいるの。
テヒョン
○○。お前最低だな。
○○
え?
ジミン
なにもしてない人にいきなり殴るなんてな。
見損なったよ。
○○
何言ってるの?
グク
は?お前ソユンたちが友達になろうって言っただけで殴りかかったんだろ?
○○
違う!
ジン
じゃあこれなに?
そこにはさっき撮られた写真があった
○○
これは違う!
ナムジュン
なにが違うの?僕達約束してたよね?
テヒョン
何もしてこない人には手を出さないって。
ジミン
お前は最低だ。
そうやって言って5人は私を殴ってきた
ユンギ
おい!お前らやめろ!!
グク
ヒョンはこんな女の事かばうんですか?
ホソク
○○がほんとにやったかなんてわからないだろ!!
ジン
じゃあこの写真なんなんだよ
ソユン
私たちなにもしてないのに怖くて泣
テヒョン
だよね。ごめんね?ほら行こ、
トユン
ごめんなさいみなさん泣
ナムジュン
いやいいんだ、行こ。
ユンギオッパとホソクオッパ以外はみんな帰っていった
ホソク
○○。やってないんだよね?
○○
うん。私は何もしてない。
ユンギ
なにがあったんだ?
私は全て話した。
小学生の頃にいじめをしてきていた人達があの3人で昼休みに呼びされて暴力をふるわれて抵抗しようとした所を写真でとられたということを。
ユンギ
じゃああの写真は抵抗しようとした○○の写真ってことだよな
○○
そうなの。だからあいつらのこと殴ってない。
先に殴ってきたのはあいつら
ホソク
そっか。うぜえな。
ジンヒョン達も最低だよ。
ユンギ
俺達は味方だからな。○○。
○○
ありがとうオッパ達。

オッパ達なら信じてくれると思った。
でも信じてくれたのはユンギオッパとホソクオッパだけだった。
ねえ。みんなにとって私ってそんなものだったのかな?