無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第90話

90話
ジミンside
ジミン
わかってます。ごめんなさい。
ヒョン。テヒョナと○○の近くに行ってもいいですか?
ジン
いいよ
ジミン
ありがとう。
ヒョンに許可をもらって俺は近づいた

後ろからグクも一緒についてきた
ジミン
え…
俺は驚いた

そこには痣だらけで呼吸をするのも苦しそうな2人

元気な2人なんてもうどこにもいなかった
グク
……。
ジン
びっくりしたでしょ
○○とテヒョナは誰かに殴られて酸素マスクも外されて血を吐いて意識をなくしてた
ジミン
そうなんですか…
ジン
痩せてるのは目を覚ませなくて食事もとれないからなんだ
ジミン
この○○の痣は
ジン
お前たちがつけたものもあるけどほとんどが誰かにやられた傷だよ
ジミン
…。○○ごめんなさい
ジン
今の○○に謝っても聞こえてないよ。
起きてから謝んなよ?
グク
…泣
ジミン
はい…今日は帰ります
ヒョンありがとう
ジン
気をつけてな
俺はどれだけ最低なことをしてしまったんだ

もう嫌だ
グク
ジミナ。○○とテヒョナ起きたらちゃんと謝ろう
ジミン
そうだな
まずはソユン達の嘘をあばいて
○○達が目を覚ましたら謝ろう。