無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第126話

126話
ユンギside
あれから2週間がすぎた

俺はずっと部屋にこもっている

○○。なにしてるかな
ジン
ユンギ。入るよ
俺は無視した
ジン
ねえ。なんで○○の所に行ってあげないの?
ユンギ
俺が行ったところで○○は不幸になるだけだよ
ジン
お前さこれ見てもそう思うの?
そう言ってジンは俺にスマホを見せてきた


そこには○○がうつっていて


「ユンギオッパ…泣」ってずっと泣いてる動画だった
ジン
○○はあの日から俺たちの話を全部無視するんだよ
ずっと泣いてユンギユンギって言ってるんだ
ユンギ
で、でも
ジン
でもじゃない。○○はお前を必要としてるんだよ。
ユンギ
俺は○○を守れない!!
ジン
○○はがんだよ
ユンギ
え…
○○ががん?何言ってんだよ
ジン
肺にね。手術しなかったら2年だって
でも○○は手術するんだよ
○○は今1人で病気とたたかってるんだ
ユンギ
そんな…
ジン
ユンギがそばにいないで誰がそばにいるんだよ!
○○にとってお前は俺たちよりも大切な人なんだよ!
頼むからこれ以上○○を苦しめないでよ…
○○は1人でたたかっている

なのに俺はなにをしてんだよ

こうやって部屋に閉じこもって

現実から逃げて

かっこわりぃな
ジン
○○はまだ怪我も治ってないんだよ?
テヒョナだって○○だってお前のこと待ってるよ
会いに行ってやれよ
ユンギ
うん…泣
ごめん