無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第28話

28話
私達は3人で家に帰った



そしたらソユン達とジンオッパ達が楽しそうに話してた。
テヒョン
あ、最低女帰ってきたー
ジミン
ほんとに空気が汚くなる
ジン
なんで帰ってくんの?
ナムジュン
邪魔ですよね笑
ユンギ
お前ら!!
ソユン
やめてあげてください!
○○
は?
トユン
確かに怖かったけど。
○○ちゃんは悪くないです、
グク
何言ってんのさ!
テヒョン
そうだよ!○○がしたことは最低なことだからさ!
ミンジュン
やっぱりそうですよね…
ホソク
○○。大丈夫?
○○
うん
ジミン
てかなんでヒョン達は○○の味方なんですか?
ジン
ユンギ、ホソクお前ら騙されてんだぞ?笑
グク
よくそんなのと一緒にいれますねー!
ナムジュン
それな笑
私は聞いていたくなくて自分の部屋に閉じこもった。





それから2時間後
いきなり部屋のドアがあいてジンオッパ達が入ってきた
ジミン
おい。お前はやくでてけよ、
ジン
邪魔なんだよ
テヒョン
一緒にいたくもねえ
ナムジュン
お前なんか家族じゃない
グク
はやくどっか行け
そしてみんなは全員で一緒に撮ったプリクラを○○の目の前に投げて行った
テヒョン
こんなものいらねえ




私は涙しかでてこなかった_