無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第178話

175話

○○side
テヒョン
○○なんでこんな朝早くから起こしたんだよー。
グク
(´-﹃-`)Zz…
ジミン
ねむ…

ソファーで死んでるマンネline達を無視して




キッチンにいるジンオッパの所に行った
○○
オッパー。
ジン
んー?
○○
あれ、ナムオッパ大丈夫なの?
ジン
ナムに包丁持たせたら危ない切り方ばっかするんだよ…
ナムジュン
何言ってるんですかヒョン!
僕は料理できます!
○○
オッパ、危なっかしいから代わるよ笑笑
ナムジュン
○○、任せた!
ナムオッパはすぐリビングに戻ってしまった



隣に立っていたジンオッパが
ジン
○○と料理とかめっちゃ久しぶりだね
○○
ね!
ジン
幸せだな〜
○○
ふふ笑
ジン
○○とユンギがイチャイチャしてる時に俺今日のお弁当作っといたよ(  ˙-˙  )
○○
え、ほんと!?
ジン
うん、○○久しぶりの学校だから早起きしたんでしょ?笑
○○
オッパにはお見通しか〜
ジン
あたりまえじゃんオッパだもん
ホソク
○○ー。ヒョーン。お腹すいた!
ジン、○○
はーい!