無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第164話

162話
ユンギオッパへ



元気にしていますか?



私は明日手術をうけます



ユンギオッパはソユンの所に行ってしまったけど



私はずっとだいすきで愛しています



オッパにとって私はきもい存在かもしれない



もう必要のない存在だと思う

別にそれでもいい。



私はもう嫌われてもいいからこれだけは約束してください



”ユンギオッパは幸せでいてね”
もし手術が失敗したらもう会えなくなるから



最後に言っておきます。



味方でいてくれてありがとう。



私に幸せをくれてありがとう。



だいすきです。
ユンギ
○○…泣
手紙には○○の涙のあとがあった


なんで俺は○○を裏切ってしまったんだろう


俺が守ってやればよかったのに


○○ごめんな。


俺も○○のこと誰よりも愛してる_