無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第177話

174話
○○side



今日は少し違う朝




いつもだったらオッパ達が起こしに来るけど




今日は特別だから早起きした!
○○
オッパー!!起きてー!!
1人1人の部屋に行くのはめんどくさいから




とりあえず廊下で叫んでみた
ナムジュン
なんだよ…
ホソク
俺まだ寝てたい…
ジン
こんな朝早くから誰だよー。
ジミン
眠すぎ…
○○
やっぱりあの3人は起きてこないか…
ジン
え、○○!?
○○
起こしに行かなきゃ…
ホソク
あれ。おーい!
起きた人達はほっといて



まだ寝てる人たちを起こしに行った
○○
グク!テヒョナ!起きて!!
2人にむかって枕を投げつけてたら
テヒョン
なにー。
○○
テヒョナ、おはよう!
テヒョン
おはようって今何時だよ…
○○
朝の5時だよ?
テヒョン
は!?まだ寝てられるだろ…
グク
ちょっと2人ともうるさい…
○○
あ、グクもおはよー!
グク
おやすみ!
○○
起きないと…どうなるかわかってるよね?
テヒョン、グク
はい。起きます。おはよう!

最後は強敵のユンギオッパ…
○○
オッパー?
起きてー!

ユンギオッパの場合なにしても起きない
○○
起きないと他の人好きになっちゃうよ?
こうやって言えば
ユンギ
それはだめ!おはよう○○、
○○
おはよー!はやくリビング行くよ!
ユンギ
ちょっと待って
ユンギオッパが私の腕を引っ張った
○○
え、オッパどうしたの?
私はユンギオッパに抱きしめられて



ベットの中にいた
ユンギ
○○は俺だけのものだから。
○○
え…///
ユンギ
他の誰にもわたさねぇから
○○
うん…///
ユンギ
なに照れてんの笑
○○
別に照れてない!
ユンギ
ふっ笑かわいい
そう言ってオッパが私にキスをした



私朝からこんなに幸せでいいのかな__