無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第129話

129話
ソユン
○○。これで終わりだと思うなよ
トユン
なあ。もう俺お前とは仲良くできねぇわ
ソユン
は?逆らう気?
ミンジュン
その性格どうにかしたら?俺ももうお前といたくない。
ソユン
勝手にすれば?
お前らがいなくたって私は○○を不幸にできる


○○がうざい。なんでいっつもあいつの周りには人がいるのよ


なんであいつは幸せそうなの


○○。待ってな?また私が壊しに行ってあげるから



__________________
テヒョンside
○○のことを心から兄妹と思ってる俺にとっては

ユンギヒョンと付き合ったことほんとに嬉しくてなんか涙でてきた…
テヒョン
…泣
○○
え!?テヒョナどした!?
ジミン
ええええなした!?
ホソク
テヒョナー!!!どこか痛いの!?
グク
ちょっと3人ともここ病院!
ナムジュン
え、テヒョナなんかあったのか?
テヒョン
○○と…うぅ…ユンギヒョンがぁ…付き合ったのが…嬉しくてぇー!!!
○○
テヒョナ…
こんなことで泣くなんて親か!とか思う人もいると思うけど

今まで辛い思いばかりしてた○○が幸せになれたんだよ?

泣かずにはいられないよ…
○○
そんなことで泣くなー!!!
そう言って○○は泣きながら俺のことを抱きしめた


そして○○は
○○
テヒョナが兄妹でよかった…泣
ありがとう。
俺は笑顔で頷いて
テヒョン
こちらこそ。
そう言った


○○。本当におめでとう


○○が世界中の誰よりも幸せになれますように