無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第138話

137話
テヒョンside
○○とミンギュとくだらないことを話しながら屋上に向かった


そして○○が屋上のドアを開けた


固まってる○○
テヒョン
どしたの?
俺とミンギュがドアを覗いた


そこにあった光景は驚くものだった
ミンギュ
え。
ユンギヒョンとソユンがキスしてたんだ


俺はなにがなんだかわからなかった
テヒョン
あ、○○!
その声でユンギヒョンとソユンがこっちを見た


ソユンは笑ってた。ユンギヒョンは気まずそうに目をそらしてた
ミンギュ
○○の事追いかけよう。
テヒョン
そうだな
俺とミンギュはとりあえず○○を追いかけた


ユンギヒョンもソユンも絶対許さない。