無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

17話
家から少し歩いた所でホソクが
ホソク
君さー名前なんて言うの?
○○
○○です。
ホソク
○○ちゃんか!かわいいね(*^^*)
○○
あなた達は?
ホソク
俺はねホソクだよ!
ユンギ
俺ユンギ。
○○
かっこいい名前ですね(*^^*)
初めて俺たちに笑ってくれた時だった。
ホソク
○○笑ったー!かわいい(* ´ ꒳ `*  )
かわいいって言われるのが苦手みたいですごい照れてる○○。
可愛すぎだなこいつ
ユンギ
ついたぞ
○○はただの風邪で薬を飲んで安静にしていればすぐ治るらしい、
ホソク
よかったね○○!!
○○
うん!ありがとうホソクオッパとユンギオッパ!
ホソク
いえいえ…///
ユンギ
なんもだよ…///
いきなりオッパは心臓にやべえよ…//








ガチャ
ホソク
ただいまー!
ユンギ
ただいまー
○○
お邪魔します、
テヒョン
おかえりー!!
ジン
おかえり!どーだった?
ユンギ
ただの風邪で薬飲んで安静にしていればすぐ治るってよ
グク
よかったね!!
○○
え、えっと、あの、
ナムジュン
あ、まずは自己紹介からだね!
僕はナムジュン!
ジン
俺はジン!
ジミン
俺ジミン!
テヒョン
俺テヒョン!
グク
俺ジョングク!
○○
私は○○です!
ホソク
あ!そういえば何歳なの?
○○
次で中1です、
ジミン
じゃあ俺達と同い年だ!
ジミンとテヒョンとジョングガがにこにこしてた。
そしたら自然と○○も笑顔になった_