無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第153話

152話
○○side
グク
このヤンキーどうする??
グクのその声と同時に私が殴っていた2人は起きた
○○
あ、あのごめんなさい。
ヤンキー2
俺たちの方こそ
ヤンキー
ごめんなさい。
そう言うとものすごいスピードで帰って行った
ジミン
あ、行っちゃった
ナムジュン
まあいいじゃん!帰ろーよ!
ホソク
○○の傷痛そう…
○○
そんなことよりホソクオッパとテヒョナの事殴っちゃってごめんなさい。
ホソク
気にしないの!
テヒョン
そうだよ!
大丈夫だから!
○○
ごめんね…
みんなはどこまで優しいんだろう


私は家族として最低なことをしたのに
ジン
ほら!暗い顔しないの!
ジミン
○○は笑ってる時が1番いいの!
テヒョン
ほら○○見てー!
そう言ってテヒョナとホソクオッパは私に変顔をしてきた
○○
ふふ笑
グク
ほらね。笑ってる方がかわいいよ○○!
辛い時こうやって笑わせてくれるみんながいて


すごく幸せだけど、


ユンギオッパがいればもっと幸せなんだろうな__