無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第9話

9話
時刻は7時半
ナムジュン
みんなー!行くよー!!
ジミン
2日ぶりの喧嘩だなー
グク
楽しみ!
ユンギ
ねむ。
○○
お、おばけ…((((;゜Д゜)))
私実はおばけが大の苦手…
あー嫌だ。。
テヒョン
○○!ほれ行くよ!!
○○
は、はーい…
ジン
結構森の奥だよねー
ホソク
○○?大丈夫?
○○
大丈夫だよ!
ナムジュン
もう少しだと思うよー!
ジミン
なんだよいねーじゃん
ヤンキー
おい!お前ら!この中の広場でまってるぜ
廃工場の窓からそう言われた
○○
え。なかはいるの!?!
グク
いい度胸だな
ユンギ
呼び出しといて中まで入れってだる。
テヒョン
はやくはいろー!!
ホソク
○○!手繋ご!俺も怖い((((;゜Д゜)))
○○
うん!繋ぐ((((;゜Д゜)))
ジン
○○たちも?僕も((((;゜Д゜)))
ホ○ジ
ソ○ン
3人でぎゅーぎゅーになって震えながら入って行く
ナムジュン
3人ともなにしてんの笑笑
グク
怖いの?笑笑
○○
怖いに決まってるでしょ!
ユンギ
俺ついてるから大丈夫だって、
ホソク
それでも怖いんだよ!!
テヒョン
みんな!ついたよ!
ヤンキー
やっときたか
ナムジュン
20人くらいに増えてる
ジミン
あれー?昨日より多いなー
ジン
ジミナとテヒョナ数え間違えたんじゃない?笑笑
グク
まあ人数なんてどうでもいいですけど(  ˙-˙  )
○○
はやくしよ(  ˙-˙  )
ユンギ
眠い(  ˙-˙  )
ホソク
はやくここからでたい(  ˙-˙  )
ヤンキー
おいお前ら!ここら辺で強いからって調子のってんじゃねえぞ!
テヒョン
調子のってんのはてめぇらだろ
ヤンキー
あ?
ジミン
あーうるさい口だなー
ヤンキー
お前弱そうだな笑
ナムジュン
え?僕?
ヤンキー
そうだよお前だよ笑笑
あーあー。ナムオッパ怒らせた(  ˙-˙  )
ナムジュン
弱そうで悪かったな
ナムオッパが殴った相手は飛ばされて気絶してた
そっからいっせいに殴りあい始まって
10分後
○○
なんだよ弱いなー
ユンギ
態度はでかいくせになー
ホソク
○○!!ほっぺに傷が!!
○○
あー大丈夫だよこれくらい!
テヒョン
大丈夫じゃなーい!!
帰ったらすぐ手当てね!
○○
うん!ありがとうテヒョナ!
ナムジュン
あと怪我した人いない?
グク
大丈夫ですよヒョン!
ジミン
俺も!まだまだいけるわ!
ナムジュン
じゃあ帰ろっか
ユンギ
やっと帰れる。
帰ったら○○一緒に寝よ
○○
いーよユンギオッパー!
ジン
ずる!○○!明日は僕とね!
○○
えーー仕方ないな(  ˙-˙  )
ジン
やったー!!
○○
ホビオッパ!手繋ご!
ホソク
うんいいよ!!
幸せだな。この幸せな日々続くといいな