無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第110話

110話
次の日
ソクミン
○○ーー!!!
スニョン
愛しの○○ー!!!
○○
なんかめっちゃ騒がしくない?
テヒョン
え、それ思った
勢いよくドアが開いて

ソクミナとスニョンオッパが入ってきた
ディノ
ヒョン!ここ病院!うるさい!
○○
あ、!みんなだー!
ハンソル
○○久しぶり!元気してた?
○○
全然元気じゃないよ(  ˙-˙  )
ハンソル
うんだよね。見たらわかる(  ˙-˙  )
スングァン
じゃあなんで聞いたんだよ笑笑
ミンギュ
○○。大丈夫?
○○
あ、ミンギュいつもありがとう
迷惑かけてごめんね?
ミンギュ
別にいいよ気にすんな
ミョンホ
テヒョニヒョン大丈夫?
テヒョン
結構痛いよ笑笑
ジュン
テヒョナ!傷触ってもいい?
テヒョン
は!?なんでだよ!痛い!
スンチョル
ジュニやめろって笑笑
ジフン
○○。ゲーム機たくさん持ってきたぞ
○○
え!?ほんと!?
ウォヌ
俺がメンバーの集めてきた!
内緒にしとけよ?
○○
うん!ありがとうオッパ!
シュア
てか○○とテヒョナ本当に痛そう…
ジョンハン
本当に大丈夫なの?
○○
うん!大丈夫!多分!
シュア
多分ってなんだよ〜笑笑
それから何時間もみんなで語り合った


セブチのみんなが友達で本当によかった