無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第45話

45話
ユンギside


○○が出ていってしまった。


”わかんない”その通りだった。
俺は○○の気持ちをわかったつもりでいた

本当は辛くて辛くて死んでしまいたいほど辛かったんだと思う。
ごめんな気づいてやれなくて
ホソク
ユンギヒョン!○○探しに行きましょ!!
ユンギ
ああ。
俺は○○を少しでもはやく見つけれるように走った
でもどこを探してもいない
ユンギ
ちっ。どこいったんだよ!!


頭をかかえてその場にしゃがんだ
俺のせいだ


そんな時路地裏から
ヤンキー
お前さーBTSの○○じゃね?
ヤンキー
あ、ほんとだー。
案外かわいいじゃん
ヤンキー
今日1人なのー?
ヤンキー
おい。なに無視してんだよ
そんな声が聞こえてきた。
○○いるのか?
○○
うるせぇな。
もう私はBTSじゃねえよ
ヤンキー
は?何言ってんの?
○○
裏切られたんだよ
ヤンキー
は、うける笑笑笑笑
ヤンキー
なーんだじゃあもう怖くねぇじゃん
あの弱そうなくそヤンキー何言ってんだ
ヤンキー
やっちまおーぜ
○○を殴ろうとしてる
俺はその手をとめて○○の前に立った
○○
え。
ユンギ
お前ら黙って聞いてればわけわかんねぇこと言ってんじゃねえよ
ヤンキー
は?あ、お前BTSのユンギってやつか
ユンギ
そうだけど?
ヤンキー
一人増えたからなんだってんだよ
ユンギ
○○。いけるか?
○○
うん。大丈夫
そこから喧嘩した
けど相手は10人ほどいて一応全員逃げてったけど俺と○○の傷は酷かった
ユンギ
○○。大丈夫か?
○○
なんでオッパ。私のために…
ユンギ
あたりまえだろ。お前のこと守んねぇでどうすんだよ
○○
オッパ…ごめんなさい。
ユンギ
いいんだよ。○○の言う通りだったしな
○○
ほんとに。ごめんなさい…
ホソク
あ!○○!!
え!?なにがあったの?
ユンギ
喧嘩した笑
ホソク
2人とも傷ひどすぎ!
はやく家に戻ろ?
○○
ホソクオッパごめんなさい…
ホソク
いやいいんだ。気にしないの!
ユンギ
俺より○○の傷の方がひどいからホソクおんぶしてやって
○○
え!?歩けるよ!
ホソク
立てれてないじゃん!
ほら黙って乗って!
○○
うっ…ごめん。ありがとう!
よかった。
○○と仲直りできて
絶対俺が守ってやるからな○○