無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第73話

73話
ユンギside

病室のドアをゆっくり開けた


少し進むとホソクの泣き声


ナムジュンは俺に気づいて泣いていた


俺は覚悟を決めて○○とテヒョナが見える所まで歩いた
ユンギ
え………。


俺は夢を見ているのか?





○○
ユンギオッパ。
テヒョン
ユンギヒョン。


○○とテヒョナが起きてる。
俺を見て俺を呼んでる
ユンギ
……よかった泣
○○
なんでみんな泣くのさ笑笑
テヒョン
きっと寂しかったんだよ笑笑



○○もテヒョナもボロボロで酸素マスクつけてるからあまり聞きとれないけど
ちゃんと喋って笑ってる
ナムジュン
ほんとによかった。
ジン
○○。テヒョナもナムジュンも○○に謝りたいって。
○○
ああ。もう知ってるよテヒョナが飛び降りたことも全部知ってる
ナムジュンオッパも私はもう許してるよ
ナムジュン
○○。ほんとにごめんな。
冷静になって考えればわかる事だったのに
○○
大丈夫だよ。
ホソク
てか○○なんで知ってるの?
今までずっと目覚ましてなかったのに
○○
それは秘密。ね?テヒョナ
テヒョン
うん。そうだね
ユンギ
○○。テヒョナ。もう二度とこんなことするな
俺達毎日気が気じゃなかった
○○
うん。ごめんねオッパ達
テヒョン
ごめんヒョン達
ジン
大丈夫だよ。もうしないでね
先生呼んでくる
ナムジュン
ヒョン、僕も行きます
テヒョン
ユンギヒョンが泣くなんて笑笑
俺達って愛されてるんだな
○○
ほんとだね笑笑
ユンギ
俺だって泣くことはある笑


俺は幸せだ。
またこーやって笑える。


ジミナとグクもはやく正気取り戻せよ
8人でまた笑いたい