無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第38話

38話
私はびっくりした。
まさかミンギュ達がきてくれるなんて、
諦めてたから
スニョン
お前らなにやってんだよ!!
スニョンオッパとミンギュが私の前に立って守ってくれてスングァンはそばにいてくれた
スングァン
○○、大丈夫?
私は泣きながら頷いた
テヒョン
なにって。殴ってるんだけど?
ミンギュ
なんでこんなことすんだよ
ジミン
○○が嘘つきで最低だからだよ
グク
ミンギュ、スングァン、スニョンヒョン騙されてるんですよ?
スニョン
お前ら本気で言ってんの?
テヒョン
あたりまえですよ
ミンギュ
最低だな。何年もいるやつのこと信じてやれないとか
スニョン
”後悔”してもしらねえからな
スングァン
○○行こ。
○○
うん








___________________
○○
みんな、迷惑かけてごめんね
スニョン
全然いいんだよ
スングァン
ねえ○○。なんでこんなことになってるの?
ミンギュ
クラスでもいじめられてるしな
なんでなんだ?
○○
あのね·····
私は今まであったことを全て話した。
スングァン
は!そしたら○○悪くねえじゃん!
スニョン
そのソユンとかいうやつらが悪いんじゃん!!
ミンギュ
ユンギヒョンとホソクヒョンは信じてくれてたんだな、
○○
うんそうなの。
2人に悪いことしちゃった
スングァン
そんなことないよ。
○○はよくたえたよ。
スニョン
しかしテヒョナ達もひどいな
女子に暴力ふるって死ねとかストレス発散道具とか。
ミンギュ
でもなんで○○抵抗しなかったんだ?
○○
最初はしたんだけど。やっぱり5人の男性の力には勝てなかった。
それにやっぱりみんな喧嘩強いから
ミンギュ
そっか、
スニョン
もう大丈夫だよ。
俺達の家で暮らしな
○○
ごめんねみんな。
スングァン
ほらついたよー!!
○○
おじゃましまーす
ミンギュ
ここはもう○○の家なんだから
ただいまでしょ!
スニョン
あれ?みんななんで起きてるの?
ウォヌ
お前らが急いで出て行くからなんかあったのかと思って
ジョンハン
それに今夜中だし。
夜中にでてくなんてそうとうだろ?
スンチョル
で、○○どうしたんだ?
○○
あ、それは
ミンギュ
いいよ○○。
スニョン
俺たちから話すから
スングァン
今日は俺の部屋で寝な。
ほら○○一緒に行こ
○○
ごめんね。
ありがとう
私はユンギオッパとホソクオッパにカトクをおくっておいた。


”ごめんなさい。味方になってくれてありがとうオッパ”

















私は疲れていてすぐ寝た