無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第89話

89話
ジンside

○○とテヒョナが植物状態になってから1週
間がたった


今は俺しか病室にいない
ジン
○○、テヒョナ今日は学校早退してきたよ
○○達に会いたくてサボっちゃった

俺は毎日病院にきてその日あったことを2人に話す

それが日課になっていた



今日も話していたらドアが開いた
ジン
おまえら…
ジミン
ヒョン。
グク
……。なんでもっとはやく連絡してくれなかったんですか
ジミン
おい、グク
ジン
俺だって忙しかったんだ。
てか○○達にこんな目に合わせたのお前らじゃないのか?
グク
俺らがするわけないだろ!
ジン
するわけない?なんで言いきれるの?
今まで散々○○にしてきたじゃん
グク
○○にはな。テヒョナまでする必要はない!
ジン
じゃあ今回も○○にやったんだね?
グク
だから違う!
ジン
じゃあ誰がやったの?
グク
それは…知らない
ジミン
グクもういいよ。そう思われてもおかしくない
グク
……。
ジミン
ヒョン。今回は本当に違います
今更だけど○○は何もしてないんじゃないかってグクと言ってたんです
ジン
そんなの信じれるかよ
ジミン
わかってます。ごめんなさい。
ヒョン。テヒョナと○○の近くに行ってもいいですか?
こんな真剣な顔したジミン見たことがなかった
ジン
いいよ
ジミン
ありがとう。