無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

26話
〜昼休み〜
ソユン
あのー○○ちゃん!ちょっといい?
ミンジュン
俺達についてきてほしいんだけど!
ジミン
お前らなに?
テヒョン
うざ。○○ついてかなくていいんじゃね?
○○
いや、大丈夫!先に屋上行ってて!
グク
大丈夫なのか?
○○
うん!大丈夫だから!
ジミン
わかったよ。
なんだろう。怖いな。
そんなことを思いながらついてったら
空き教室にきた
トユン
お前見た目すごい変わったな笑笑
トユン
何?高校デビューのつもり?笑
ミンジュン
不良にでもなったの?笑
○○
そうだけどなに?私になんの用
ソユン
は、なにこいつ笑
トユン
お前の生活めちゃくちゃにしに来たんだよ
○○
なんなのよ!私が何をしたっていうの!
ミンジュン
お前の存在が邪魔
そう言って殴ってくる3人。
私だってやられっぱなしは嫌だ。
○○
ふざけんな!
私は殴ろとした、
そしたら「パシャ」カメラの音がした。
ソユン
撮れたー!うける笑笑
ミンジュン
お前の大切な人奪ってやるよ
トユン
ばーか笑笑
そうやって言ってどっかに消えた3人
○○
なんなの…。
オッパたちのとこ行こ
私は屋上に向かった。