無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第157話

156話
テヒョンside
○○が手術室に入っていった



「頑張れよ!」って言った時の○○の辛そうな顔が忘れられない
ジン
みんな!!○○は!?
ジミン
ヒョン…
グク
遅いよ。
ユンギ
……。
テヒョン
ヒョンはいっつもそうだ。
ナムジュン
テヒョナやめろ。
テヒョン
○○の彼氏でしょ!?なにやってんの?
なにが守るだよ!
ジン
テヒョナ。やめろって!
今は○○の事待とうよ
テヒョン
……。
自分でもわかってるんだ


ユンギヒョンにやつあたりしてるだけだって


だけど不安でイライラしてきて…


そう思うと涙がでてきて…
ユンギ
テヒョナ…
ユンギヒョンは俺の横に座った
ユンギ
ごめんな…泣
テヒョン
ヒョン。ごめんなさい…泣
ごめんなさいヒョン


わかってるんです。ヒョンが悪くないってことも


○○にふさわしいのはユンギヒョンしかいないってことも


○○。ユンギヒョンも待ってるよ


だから必ず戻ってきてね_