無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第61話

61話
ジンが冷静でいてくれたおかげで○○ははやくに病院に行けた

今はセブチもきてみんなで○○の手術が終わるのを待っていた
スングァン
なんで。こんなことになってるんですか
ディノ
ヒョン。落ち着いてください
スングァン
なんで○○ばっかりこんな思いしなきゃいけないんですか!
スンチョル
スングァナやめろ。ジン達も一生懸命に探してたんだ
ジン
いいんだ。全ては俺のせいだから
ホソク
……。
ハンソル
ヒョンのせいじゃないよ
○○を傷つけたジョングク達が悪いんだ
ミョンホ
今は誰が悪いとかじゃなく○○の無事を祈ろう
ソクミン
ウォヌ
泣くなソクミナ
ソクミン
ヒョン泣
ウォヌ
大丈夫だから


それからはみんな黙って○○を待っていた

2時間後



たくさんの機械に繋がれて○○はでてきた。
ホソク
○○!!!
ジュン
ホソク。落ち着いて?
ホソク
あ、うん。ごめん
ジン
先生。○○は、
先生
打ちどころがよかったので大丈夫です。
すぐ目を覚ますと思います
ジン
そうですか。ありがとうございます





○○は病室にうつされた
ジン
セブチのみんなごめんな。迷惑かけて
ミンギュ
いいんです。○○が無事ならそれで
ジフン
てかさ病院個室だし俺泊まるわ
スニョン
ジフナが泊まるなら俺も
ジョンハン
もうみんなで泊まっちゃお!
シュア
じゃあ僕は○○のベットの中で…
ディノ
ヒョン?それはだめだよ?(  ˙-˙  )
シュア
は、はい…


安心したのか段々いつものみんなに戻ってきた
だけど俺は罪悪感でいっぱいだった

そんな時
ジン
ユンギ。ちょっといい?
ユンギ
え?うん