無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第147話

146話
○○side
ユンギオッパとは話さないそんな状態が続いた


そして一週間後に私の手術が決定した
先生
手術日の3日前から入院だからよろしくね!
○○
わかりましたー!
看護師
じゃあまたね○○ちゃん!
気をつけてね!
○○
ありがとうございます!
テヒョン
先生ありがとうございました!
先生
はーい!
病院に行く時はいっつもテヒョナがついてきてくれる

自慢の兄妹だと思う
テヒョン
一週間後か〜
○○
ちょっとだけ不安笑
テヒョン
だよな…
だけど大丈夫!俺もヒョン達もついてるから!
○○
うん!
そして家に着いてみんなに手術が決まったことを報告した
ナムジュン
一週間後!?
ホソク
やだよぉぉぉぉぉぉ!○○行かないで泣
○○
オッパ笑笑
おいで!
手を広げるとホソクオッパが泣きながら抱きついてきた


オッパが泣くと私まで涙が出そうになる
○○
まだあと一週間もあるし私死ぬわけじゃないんだから笑笑
ホソク
うんだよね…
本当は死ぬのかもしれない


怖くてしかたない
ジン
あ、ユンギ…
その声でみんなはいっせいにリビングのドアを見た
○○
オッパ…
ジミン
ヒョン。○○一週間後に手術だって
ユンギオッパはどう思うんだろう
ユンギ
あっそ。俺には関係ない
あー。やっぱりそうだよね


オッパにとって私は必要ないもんね
グク
ヒョン!なんとも思わないんですか!?
ユンギ
思わねぇよ
○○
もういいよ
もういい


オッパが私の事を愛してくれなくても


私は愛してるから__