無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

32話
私に話しかけてきた人は·····
ミンギュ
おい○○。大丈夫?
ミンギュだった
急いで私は涙をぬぐって笑顔を作った
○○
うん!大丈夫だよ!
ミンギュ
嘘つくなよ。
最近どうしたんだ?グク達とあんなに仲良かったのに
○○
色々あってね笑
ミンギュ
そっか。
家でもあんな感じなのか?
○○
うん。
ミンギュが私のあざをガン見してきてたから急いで隠した
ミンギュ
隠すなよ。暴力もうけてたのか
○○
う、うん。
ミンギュ
お前さそっちの家でて俺達の家くれば?
○○
え。でもまだ耐えれてるし大丈夫だよ!
ミンギュ
ほんとか?
○○
うん!ユンギオッパとホソクオッパは信じてくれてるから相談してみるね、
ミンギュ
うん。ほんとに無理になったらいつでも連絡ちょうだい迎えに行くから。
○○
ありがとう!
ミンギュ
それにドギョムとジョンハニヒョンが○○に会いたいってうるさいし
○○
そうなの?笑笑
私は嬉しかった。
味方してくれる人がユンギオッパとホソクオッパ以外にもいたって事が。