無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第124話

124話
ジンside
病室に入ると○○は起きていた
○○
あ、ジンオッパ…
ジン
○○…
自然と涙がでてきた
○○
なんで泣いてるの?オッパ泣かないで?
俺は○○を抱きしめた
○○
オッパ?どうしたの?
ジン
やだよ…泣
○○
何かあったの?
ジン
○○が死んじゃうなんて嫌だ泣
○○がいなくなるなら俺だっていなくなる

それくらい愛してるんだよ
○○
え…聞いたの?
ジン
うん…先生にね。
○○手術しようね?
○○
うん。私もみんなといたい
よかった。

手術しないとかいいだしたらどうしようかと思った

だけど○○はとても辛そうな顔をしていた
ジン
ユンギの事…待っててね
俺がちゃんとなんとかするからね
○○
私、ユンギオッパに嫌われたよ泣
ジン
大丈夫だよ○○
俺に抱きついて泣いてる○○

ごめんね辛い思いばっかさせて
○○
会いたい…泣
やっぱユンギには勝てねぇな

○○待っててね。俺がユンギを連れてくるよ