無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第132話

132話
ユンギside
今日は○○とテヒョナが退院する日で


みんないつもより早く起きて早く病院に行った


病室に入ると2人ともいびきをかいて寝ていた
ジミン
え、なんでこんな爆睡してんの笑笑
グク
ゲーム機つけっぱだし笑笑
ナムジュン
朝までゲームしてたんじゃない?
ジン
絶対そうだね笑笑
ホソク
起きるまで待と!!
ユンギ
仲良いなこいつら笑
ジミン
あれー?ユンギヒョン嫉妬ー??
ユンギ
しねーよばーか
テヒョナにはしない

テヒョナはかっこいいし可愛いし愛嬌があるけど○○の事ほんとに兄妹として接してるから
グク
お腹すいた…ジミナーコンビニ行こー
ジミン
うんいいよー!
ユンギ
俺も行くわ
グク
はーい!!
○○とテヒョナはやく起きないかなー

みんなで家に帰りたい