無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第20話

20話
〜次の日〜
朝の6時
○○
今日は珍しくはやく起きれた(っ﹏-๑)
お弁当作んなきゃ
ジン
あ、○○!おっはよー!
○○
ジンオッパ朝からうるさいなー…
ジン
ひど!お弁当作るの?
○○
そうー
ジン
俺も手伝う!
○○
ありがっとー!
あ、ごま油はいれないでね!まずくなる!
ジン
え=͟͟͞͞(꒪ᗜ꒪ ‧̣̥̇)
作り終わる頃に次々おりてきた、
ナムジュン
ヒョンと○○おはよ!
ホソク
おはよー!
○○
あ、ナムオッパとホソクオッパおはよう!
ジミン
みんなーおはよー(。-_-。)
テヒョン
おはよー…
ジン
おはよ!!
○○
やっぱりユンギオッパとグクは起きない!
ナムジュン
○○頼んだd(˙꒳​˙* )
ホソク
けんとうを祈るd(˙꒳​˙* )
○○
任せなさい(  ˙-˙  )
グクの部屋の前
○○
グクー?入るよー
そこには布団にくるまってる兎がいた
○○
か、かわいい(๑ ิټ ิ)
写真とんないと!Σp📷ω・´)
○○ちゃん気持ち悪い顔になっとる…
○○
グク!!!起きて!
起きないと朝ごはんなし!
グク
んー。わかった起きるから朝ごはんぬきはやめてー
○○
はい、よろしい!リビング行って!
グク
はーい(。-_-。)
ユンギの部屋の前
○○
オッパー?入るねー
相変わらずかっこいいな
ここでも、
○○
写真!Σp📷ω・´)
そして5分も撮り続けて
ユンギ
おまえ、なにやってんの?
○○
え!?起きたの!?
ユンギ
最初から起きてたけど
○○
なんで言わないのー
ユンギ
え?お前に起こしてもらいたかったから
そしたらなんか写真撮りまくってるし
○○
や、それはーその…
ここはとりあえず逃げとこ٩(¨ )ว=͟͟͞͞
ユンギ
あ、逃げた
○○
みんなー!グクの可愛い写真とユンギオッパのかっこいい写真GETした!
ジミン
え!?グクの?
テヒョン
え!?ユンギヒョンの?
ジン
ほしい!
グク
お前!いつの間に撮ってたんだよ!
○○
あげるのはいいよ!けどみんなアイス2つずつ買ってね!
テヒョン
わかった!
ジミン
何個でも買ってあげる!
ナムジュン
取り引き始まってるし笑笑
ホソク
あ、ユンギヒョンおはよー
ユンギ
おはよ。
おい○○勝手に取り引きすんな
○○
Σ(゚Д゚)ヒッはい…
このあとちゃんとジンとテヒョンに写真をあげた○○ちゃんでした(*^^*)