無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第128話

128話
ジンside
失恋ってこんな辛いんだな


でも○○とユンギが幸せならそれでいいや
そんな事考えてたら屋上のドアが開いた
ユンギ
こんなとこにいたのかよ
ジン
あ、ユンギ!よかったねおめでとう!
ユンギ
…。ありがとうジン
ユンギは俺の横に来た
ユンギ
なあ。俺が家に閉じこもってた時○○のそばにいたのってジン?
ジン
うんそうだよ。
ユンギ
ごめん…お前○○の事好きだろ。
ジン
何言ってんだよ!○○のことは大事な妹って思ってるよ!
俺はユンギに嘘をついた


ユンギは多分その嘘に気づいたんだろう


だけどそれ以上は何も言ってこなかった
ユンギ
俺。ジンとは兄弟でよかったと思ってるよ
兄弟だし親友だし?なんかそんな感じ
ジン
なんだよユンギがそんなこと言うなんて明日吹雪く!?
ユンギ
絞め殺すぞ
ジン
ごめんなさい(;゚Д゚i|!)
だけどユンギ
ジン
俺もお前と同じこと思ってるよ。
これからもよろしくな
ユンギ
おう
兄弟でもあり親友でもある


そんな存在がユンギでよかったよ
ジン
○○の事幸せにしてやれよ
ユンギ
あたりまえ
ユンギ、○○本当におめでとう。