無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第87話

87話
トユンside
俺はソユンが時々怖く感じる


○○とテヒョンのことだってやりすぎだと思った


○○に何されたか知らねぇけど


人を殺すのは違う気がする
ソユン
あー。ざまぁみろだね笑笑
ミンジュン
ほんとに死んだらどうするんだ?
ソユン
死ねばいいのよ笑笑
トユン
でも!
ソユン
なに?さからってもいいの?
トユン
俺はソユンにはさからえない

男なのになさけねぇよな




__________________
ジンside
ジン
あ、ユンギ。びしょ濡れじゃん!
ユンギ
あ、俺はいいんだ。大丈夫
ナムジュン
ヒョンこれタオル!
ユンギ
ありがと


みんないつも以上に暗い

すごくせつなくて抜け殻のような顔をしてる
俺は長男として明るくいなきゃいけない

みんなのためならそんなの余裕だ
ジン
みんな!○○とテヒョナのところに行こう!
ナムジュン
そうですね。ホソク立てるか?
ホソク
ああ。大丈夫だよ
ユンギ
……。
こうして○○達のところに行くことになった

みんなもきっと○○達に会いたいだろうし

















でもこれがいけなかったのかな?


俺は長男として何一つ弟達にいいことをしてやれない