無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第10話

10話
テヒョン
ちょっとしみるよ○○
○○
うん
ジミン
痛そうだな、変わってあげたい
ユンギ
大丈夫か?○○
○○
大丈夫だよ!
テヒョン
よし!できた!!
○○
ありがとうテヒョナ!
グク
でも○○も強くなったよなー
○○
それはみんなのおかげだよ!!
ナムジュン
○○も弱かった時期あったもんなー
ジン
弱い○○もかわいかった!!
ホソク
今じゃこんなに強くなられて…
ジミン
怪力の○○
○○
うるせーよ!ジミナ!!
ジミン
ごめんごめん笑笑
ユンギ
○○。寝よ、はやく
って言いながら私の服の裾を引っ張ってくるオッパ
かわいすぎだろぉぉぉぉぉ!!!
ナムジュン
でたヒョンのデレデレ笑笑
テヒョン
男の俺でも思う、可愛い
グク
それな
○○
じゃオッパ達おやすみー!!
ユンギ
○○。手。
○○
あ、うん!はい!
手を繋いでオッパの部屋まできた
ユンギ
○○ぎゅーして
なにこのかわいい生き物(  ˙-˙  )
私もう死んでもいい( ˙-˙ )
○○
はーい.°ʚ(  *´꒳))ω`,,)ギュッ
ユンギ
ん。おやすみ愛してるよ○○
○○
私もだよオッパおやすみ
ユンギオッパはすぐに寝て私もつられて眠った