無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22話
そして学校についた頃にはお昼
○○
はい!今日はみんなのお弁当あるからね!
テヒョン
わーい!!久しぶりだ!
ジン
俺も一緒に作ったんだよ!
グク
○○、ごま油は?
○○
阻止したd(˙꒳​˙* )
グク
ないす!
ホソク
んー!やっぱり○○のお弁当は美味しい!
ジミン
ほんとにおいしい!!
ユンギ
ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"(  ˙༥˙  )ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"ŧ‹"
○○
よかった!!
そしてみんな食べ終わって
○○
今日は教室行こーかな
グク
俺サボるわー
ジミン
グクサボるならおれもー
テヒョン
○○行くなら俺行く!
ジン
今日は俺もサボるー
ナムジュン
僕もサボるわー
ホソク
えーーーじゃあ俺も!
ユンギ
俺寝る
○○
じゃテヒョナ行こ!!
テヒョン
おう!
○○
やーやっぱりだるいねー
テヒョン
それなー教室ってだるいよな
先生
お前らまたか!
○○
テヒョナー
テヒョン
んー?
○○
ゲームしよ!
テヒョン
音ゲー勝負でもやる?
○○
最高じゃん
先生
お前ら無視か!!
○○
うるせえな
テヒョン
先生黙って授業続けてくださーい
先生
ちっ。じゃあみんなはじめるぞー
○○
ねえなんか視線感じね?
テヒョン
それ思った
○○
ミンギュ?ってやつとよく喋ってるやつらだよね
テヒョン
うん、なに?そこの君たち
??
あの。放課後屋上きてもらっていいですか。
”BTSのみなさんで”
テヒョン
は?お前ら何言ってんの
○○
まあまあテヒョナ。いいじゃん
わかった、行くよ
??
ありがとう






??side
こいつら馬鹿だ笑笑
放課後ぼこぼこにされるのもしらずに余裕こいてうける笑笑






テヒョナside


そいつがそう言って○○がいいよって言った瞬間数人が笑った気がした。
こいつらなんなんだ?
まあ俺らに勝てるやつはいねえけど